Vライン脱毛のQ&A

VIO

Vラインは、デリケートゾーンの上部のことで、正面から見た時に生えている毛を主に指します。

女性の美意識の向上や、ムレを防ぎ清潔に過ごすための方法として、Vライン脱毛が人気になっている一方、なかなか人に聞きにくい、見せられない部位のため、脱毛方法などがわからずにいる方も多くいます。

人に聞けない部位だからこそ、脱毛クリニックでしっかりと脱毛をすることをおすすめします。

Vライン脱毛の料金

CHECK!

Vライン脱毛の料金

●VIOセット料金として
5回:¥50,000~¥140,000

●Vライン単独料金
5回:¥¥25,000~¥32,000

Vラインは、Vラインのみのコースというよりは、ほとんどのクリニックがVIO(ハイジニーナ)セットとして用意しています。

Vラインの脱毛を考える方は、ほとんどの方がIライン、Oラインの脱毛も検討しているかと思いますから、お得なセットメニューをぜひ利用してください!

VIOや料金帯は幅広いですが、Vライン含むVIO脱毛は、全体の量を減らせればいい方から、全処理(全ての毛がない状態)を目指す方までおり、その希望に合わせて料金が変動していることが理由です。

あなたの希望に合わせ、メニューを組んでくれますから、カウンセリングで相談しつつ決めることをおすすめします。

もし、Vラインの脱毛だけを考えている場合は、無理にセット料金で脱毛をするよりも、安く脱毛ができますから、ぜひこちらも各クリニックで相談をしてみてくださいね。

Vライン脱毛の痛み

Vライン脱毛の痛み

4.0/5

Vラインは、全身のなかでも特に毛が濃く、太いため痛みを感じやすい部位です。

Vラインは、全身のなかでも特に太く濃い毛質をしており、皮膚が薄く神経が肌表面近くにあるため、人によっては強い痛みを感じやすい部位です。

よく医療レーザー脱毛の痛みを例える時に言われる、「ゴムでばちっと弾かれたような痛み」、という表現が想像しやすく、最も近いかと思います。

もちろん個人差があり、「Vライン全然痛くなかった!」という人がいれば、「耐えられなくて麻酔してもらった…」という人までいます。

各クリニックでは痛みに耐えられなかったときのために、麻酔を用意していますから、無理をせずに使用を相談してみてください。

Vラインの脱毛範囲

Vラインの脱毛範囲
Vラインは、主に3部位に分かれており、各クリニックや、コースによって脱毛できる範囲が変わります。

Vラインと呼んだときは、画像の全ての範囲を示す場合と、サイドの毛(足の付け根の辺り)を指す場合の二つに分かれます。

その内側の毛は、トライアングル上トライアングル下に分かれます。

各クリニックによって、どこまでを「Vライン脱毛」の範囲にしているかは異なり、専用のプレートを渡され、その範囲で自己処理をしてくるようにお願いされる場合もあります。

ハイジニーナ(全処理)や小さく毛を残すことを考えている方は、トライアングル下までの脱毛が必要ですし、下着からはみ出ない程度でよければ、トライアングル上までの脱毛で十分です。

あなたの希望に合わせ、各クリニックのカウンセリングで相談してみてください!

Vラインの脱毛範囲は、各クリニックによって違い、場合によってはハイジニーナにしたい方向けと、毛を整えるだけで良い方向けにコースを分けています。

全身の中で、Vラインは唯一、「毛を残すか残さないか」の選択が必要な部位ですから、クリニックに通い始める前に、あなた自身の希望をしっかりと考えておくことが重要です。

Vラインにおけるデザインに関しては、以下のようなものが代表的です。

Vラインのデザイン一覧

以前より人気が高いのは、自然なトライアングル(逆三角形)型や、オーバル(たまご)型ですが、最近では海外で一番人気のハイジニーナ(無毛)の需要も高まってきています。

ハイジニーナにすることで、下着や水着から毛がはみ出る心配が一切なくなり、生理中のムレなどが気にならなくなるため、美意識、清潔感の両方の観点から多くの女性からの支持を集めています。

また、同じトライアングル型でも、大きめに残す場合と、面積を小さくしほとんどハイジニーナに近くしてしまう場合があり、Vラインを脱毛する方は、それぞれが自分の好み、希望に合ったデザインを選択しています。

なるべく自然にしたい方はトライアングル型やオーバル型がおすすめですが、脱毛を進めていく中で、

Vラインは残そうと思っていたけど、このままハイジニーナにしちゃってもいいかも…。

大きめにデザイン残していたけど、やっぱりもう少し小さい方が下着からはみ出ないし楽だな。

と、「より小さなデザインにしたい!」という希望に変わっていくことが多くあります。

そのため、ハイジニーナにしたい方はもちろん、そうではない方にも、レジーナクリニックリゼクリニックのように、全体に照射可能なクリニックを選ぶと、途中で希望が変わってもすぐに対処できますから、おすすめです!

Vライン脱毛の時間

Vライン脱毛の時間

20分

剃り残しのお手入れ、アフターケアの時間込み

Vラインのみのお手入れだと、範囲にも寄りますが、全照射をしてもアフターケアの時間などを含め、20分程度で終わります。

VIOセットでの脱毛の場合も、45分程度で終わりますから、お仕事帰りやお出かけのついでなど、スキマ時間で通うことができます。

Vライン脱毛の回数と効果

CHECK!

Vライン脱毛の回数と効果

自己処理を楽にしたい!⇒5回

Vラインをつるつるにしたい!⇒5回~8回

Vラインは全身の中でも特に毛の濃い部分かつ、デリケートな部分のため、完璧につるつるにするためには、比較的多く回数が必要になります。

自己処理が楽になるのは5回程度で、人によってはほとんど毛のないつるつるの状態まで持っていくことができます。

多くのクリニックは、Vラインの脱毛回数を5回で設定しており、クリニックによっては8回、9回、通い放題などのコースを用意しています。

もし、コースを終えてから、回数が足りないと感じた場合でも、ほとんどのクリニックではお得に追加照射が可能ですから安心です。

その他にも、「自分に何回必要なのかわからない!」など、お悩みは遠慮なくカウンセリングで相談してみてくださいね。

Vライン脱毛のメリット・デメリットまとめ

Vライン脱毛のメリット

CHECK!

Vライン脱毛のメリット

  • 下着や水着から毛がはみ出す心配がない!
  • 生理中などムレが防げて清潔
  • 自分好みのデザインにすることができる

Vラインは、おしゃれな下着や水着を着るためには処理が必須な部位ですが、一方でデリケートゾーンということもあり、どのように処理したらいいか、なかなか人には聞きにくい部分ですよね。

自己処理をしたとしても、カミソリなどで剃ると、太い毛がちくちくと刺さり、かゆみの原因になって不快な思いをされたことがある方は多いかと思います。

ですから、毛が全身の中でも特に太く、脱毛効果の出にくいVラインでも、しっかり脱毛できる医療レーザー脱毛施術を行い、しっかりと整えることがおすすめです。

なかなか自己処理では上手く作れないデザインでも、多くのお客様を施術してきたスタッフの技術があれば、綺麗に形作ることが可能ですし、自己処理後の不快感から解放されることになります。

ハイジニーナや、小さめのデザインでVラインを作れば、ローライズの下着などでも安心して履くことができますし、さらにおしゃれの幅が広がります。

このように、あなた自身のためにもVライン脱毛はおすすめですが、彼氏や旦那様のためにもVラインを整えておくと、清潔感のある素敵な女性だという印象を持たれやすくなります。

Vラインを整えて快適に過ごしたい方清潔感ある女性になりたい方見えないところからファッションを思い切り楽しみたい方に、Vライン脱毛は特におすすめです!

Vライン脱毛のデメリット

CHECK!

Vライン脱毛のデメリット

  • 痛みを強く感じやすい
  • 他の部位より回数が必要な場合がある

Vライン脱毛のデメリットとして、まず真っ先にあげられるのは、やはり痛みです。

全身の中でも最も太い毛が生えているため、レーザーが反応しやすく、その分痛みが出やすいため、各クリニックではこまめな冷却や、場合によっては麻酔の使用などの工夫を行っています。

また、毛が根深い分、5回あればほとんど完璧に脱毛できる他の部位に対し、Vラインは5回以上の回数が必要になる場合があります。

なるべく少ない回数で、高い脱毛効果を出すためには、しっかりと保湿を行って毛周期を整え、1回の施術でなるべく多くの毛に照射できるようにすることが重要です。

Vラインの毛を綺麗に整えれば、ムレなく快適に、より気軽にファッションを楽しめますから、保湿などのケアを行い、時には麻酔の使用などを検討しながら、脱毛をしていきましょう。

そうすれば、Vライン脱毛後は清潔でストレスのない日々が待っていますよ!

Vライン脱毛の注意点やケア方法

最後に、Vラインを脱毛する際の注意点や、ケアの方法についてご紹介します。

CHECK!

Vライン脱毛の注意点

  • 炎症性浮腫(ヒリヒリ感、むくみ)などが比較的起こりやすい

炎症性浮腫は、脱毛後にヒリヒリ感やむくみが出てしまう症状で、重篤な症状になることは稀です。

そのため、神経質になる必要はありませんが、Vラインは、全身の他の部位と比べた場合、この炎症性浮腫が起こりやすい部位とされています。

ほとんどの場合、きちんと保湿などのケアをすれば翌日には収まりますから問題ありませんが、ひりつきが続く場合には治療が必要です。

各クリニックでは、万が一のときは必要な薬などをすぐに処方してくれますから、少しでも不安がある場合は、早めに相談をしましょう!

CHECK!

Vライン脱毛後のケア方法

  • 乾燥ケア⇒保湿をしっかり!
  • 締め付けの緩い下着にする
  • 入浴は避けてシャワーだけにする

Vライン脱毛後は、とにかく保湿が大事です!

理由としては、脱毛後は肌が乾燥しやすいことと、しっかりと保湿し肌状態を整えることで脱毛効果がより高くなるからです。

また、脱毛後の肌は敏感になっており、Vラインゾーンはそれでなくともデリケートな部位ですから、下着をより締め付けの緩いものに変える、できれば生地もシルクなどの肌刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

同じく刺激を避けるという意味で、長い入浴はおすすめできません。

長い入浴は、乾燥をより加速させてしまう原因にもなりますから、脱毛当日はシャワーだけに留めながらも、肌を清潔に保てるように刺激の少ないボディーシャンプーやVIO専用石鹸などを使い、しっかりとケアをしてください。

Vラインの自己処理から解放されることで、見えないところから女子力を上げることができますし、何よりもムレから解放され、日々快適に過ごすことができます!

  • とにかく保湿!
  • なるべく刺激を避ける!

この2点を意識して、美しいVラインと快適な日々を手にいれましょう!

部位別 脱毛 Q&A

全身脱毛はもちろん、部位別の脱毛料金や脱毛方法、痛みや回数に伴う効果など、みんなが気になるQ&Aをまとめました! 気になる箇所から要チェック!