あご脱毛のQ&A

顔

あごの脱毛は、男性のヒゲ脱毛としてだけではなく、女性にも大変人気のある部位です。

顔のなかでも、比較的濃い毛の生えやすいあご部分は、自己処理をしていると時に青ひげのようになってしまうことがある部位です。

だからこそ、医療脱毛をすることで、青ひげのようになってしまう心配がなくなり、メイクのりがよくなって、毎日のお化粧がさらに楽しくなること間違いなしの人気部位です。

あご脱毛の料金

CHECK!

あご脱毛の料金

1回あたり:¥5,000~¥20,000

5回あたり:¥30,000~¥50,000

あごの脱毛は、他の部位と共に全顔セットか、あご単独で施術を受けるか、どちらかを選ぶことがほとんどです。

あごは鼻下などと繋がっている部位のため、両方に濃い毛が生えているようであれば、お得な全顔セットで脱毛をすることをおすすめします。

あご単独での脱毛だと、境目ができてしまい、他の部位の毛が目立ってしまうことがあります。

一方、すでに顔全体の脱毛を終え追加施術したい場合や、あご以外の毛が全く気にならない場合は、単独照射の方がお得に料金を抑えることができます。

あご脱毛の痛み

あご脱毛の痛み

2.0/5

あごは顔のなかでも比較的皮膚が厚く、痛みを感じにくい部位です。

あごは、顔のなかでも比較的皮膚が厚い部位ですから、痛みは感じにくい部位だと言えます。

顔の中では太い毛が生えやすい分、レーザーは反応しやすいのですが、ワキやVIOと比べれば、かなり毛質は細く薄いため、あまり痛みに関しては気にする必要はありません。

唇に近い部分、鼻下に近い部分は皮膚が薄くなるため、あご脱毛のなかではちくりと痛みを感じる可能性がありますが、耐えられない痛みを感じることはありませんから、安心してください。

あごの脱毛範囲

あごの脱毛範囲
あごの脱毛範囲各クリニックによって詳細は変わりますが、あご脱毛の範囲は画像のように、唇の下からあごの先まで、幅は唇と同程度であることがほとんどです。

クリニックによっては、「下唇下」「あご先」など、あごのなかでも範囲をわけていることがあります。

あごの脱毛範囲は唇の下側から、輪郭の部分まで脱毛できることがほとんどなので、正面から見た部分はほぼ施術可能だと言えます。

この範囲は、皮脂分泌が多く、にきびのできやすい部分ですから、脱毛をして自己処理の手間が減ることで、肌が刺激を受ける機会が減り、結果としてにきび予防にも繋がります。

男性のヒゲ脱毛の場合は、デザインなど必要な部位ですが、女性の場合は全て脱毛をして問題ありません。

あご脱毛の時間

あご脱毛の時間

15分

剃り残しのお手入れ、アフターケアの時間込み

あごだけのお手入れであれば、範囲が狭いため15分程度で終了します。

脱毛当日はメイクを落とす必要がありますが、施術後すぐにお化粧直しができますから、お出かけの途中に立ち寄っても安心です。

顔全体の脱毛であっても、30分ほどで施術が終了しますから、忙しい時間の合間を縫って通うことが可能です。

あご脱毛の回数と効果

CHECK!

あご脱毛の回数と効果

自己処理を楽にしたい!⇒3回

あごをつるつるにしたい!⇒3回~5回

あごは、顔の中では比較的太い毛が生えやすいため、レーザーが反応しやすく、効果が実感しやすい部位です。

5回の脱毛のなかで、ほとんどの方がつるつるになったと実感しているため、安心して通ってみてください!

あご脱毛のメリット・デメリットまとめ

あご脱毛のメリット

CHECK!

あご脱毛のメリット

  • 自己処理の手間がなくなり、青ひげのようになることもなくなる
  • にきびができにくい肌環境を作ることができる
  • メイクのりがよくなって、毎日のお化粧が楽になる!

あごは女性でも太い毛が生えやすく、自己処理を続けていることで青ひげのようになってしまうことのある部位です。

さらに、あごの自己処理は肌に刺激を与え、にきびの原因になりかねません。

あご脱毛をすることで、自己処理の手間がなくなるだけでなく、青ひげやにきびを防ぎ、メイクのりの良い美肌を手に入れることができます!

あご脱毛のデメリット

CHECK!

あご脱毛のデメリット

  • あごだけを脱毛すると、境目がはっきりしてしまう場合がある

あごは、鼻下など毛の濃い部分と繋がっている部位であり、あごだけを単独で脱毛した場合、境目がはっきりし、他の部位の毛が目立ってしまう可能性があります。

あごだけでいいのか、他の部位も一緒に脱毛をした方がいいのか、よく考えて、あなたの希望に合わせて施術を受けてみてください!

あご脱毛の注意点やケア方法

最後に、あごを脱毛する際の注意点や、ケアの方法についてご紹介します。

CHECK!

あご脱毛の注意点

  • 毛嚢炎のリスク⇒

比較的にきびのできやすい部位であるあごですが、脱毛をすることで「毛嚢炎」と呼ばれる白いおできができることがあります。

脱毛施術そのものが原因ではなく、毛が抜けた部分に細菌が入ってしまうことが原因で毛嚢炎はできます。

あごは皮脂が多く、雑菌が発生しやすい部位ですから、毛嚢炎のリスクを無くすためにも、しっかりと洗顔をし、保湿して肌を清潔に、健康に保つことを心がけてください。

CHECK!

あご脱毛後のケア方法

  • 顔全体の保湿を徹底する
  • しっかりと洗顔をして皮脂汚れを防止する
  • 肌刺激を避けるため、直射日光を浴びない

脱毛施術後はお肌が乾燥しやすい状態になっていますから、脱毛するあごはもちろん、顔全体を含めてしっかりと保湿をしましょう。

また、にきびを防ぐために、しっかりと洗顔をして肌を清潔な状態に保つことも重要です。

ただし、洗顔のしすぎによってお肌が乾燥していると、肌が刺激を受けやすくなり、毛周期が遅れて脱毛効果を感じにくくなりますから、注意してください。

保湿ケアは、その場限りではなく、日々の積み重ねが重要です。

脱毛効果を高め、美肌を手にいれるためにも、ぜひ毎日の保湿ケアを意識して行ってくださいね!

部位別 脱毛 Q&A

全身脱毛はもちろん、部位別の脱毛料金や脱毛方法、痛みや回数に伴う効果など、みんなが気になるQ&Aをまとめました! 気になる箇所から要チェック!