医療レーザー脱毛の基礎知識

効果的な医療脱毛のポイントは毛周期!毛周期を徹底解説

突然ですが、あなたは『毛周期』というものをご存じですか?

正直なところ、あまり毛周期という言葉は、聞き慣れないという方が多いのではないでしょうか。

ですが、この『毛周期』は、脱毛をするにあたって、非常に大事なものです。

毛周期を意識せずに脱毛施術を受ければ、最悪の場合、脱毛効果ができないばかりか、肌トラブルの原因になってしまう可能性さえあります。

一方で、毛周期をしっかりと理解すれば、ただ漠然と脱毛施術を受けるより、ずっと効果の高い脱毛ができます。

さっそく、毛周期とは何なのか、毛周期がどのように脱毛施術に関わるのか、解説していきますね。

そもそも『毛周期』とは何?

まずは、一般的にそもそも『毛周期』とは、何を指すのかをご紹介します。

毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことです。

むだ毛はもちろん、髪の毛や眉毛に至るまで、全身に生える体毛には、毛周期が存在します。

毛周期は、大きく分けて3つの時期に分けることができます。

【毛周期】成長期
毛が伸びている最中の時期のことを、成長期と呼びます。

全身のなかで、肌表面に出ている毛の多くは、この成長期に当たります。

全身のむだ毛のなかで、成長期に当たるのは約10%~20%です。

【毛周期】退行期
毛の成長が止まりはじめた時期です。

成長が終わるのとともに、毛根が小さくなり、毛が抜けて休止期に向かっていきます。

【毛周期】休止期
毛根が小さくなった毛が抜けた時期です。

休止期になり、毛が抜けると、再び成長期に向けての準備が始まります。

休止期から、再び成長期になり、毛が生えるまでには、約2~3ヶ月かかります。

このように、全身の体毛は、

『成長期』⇒『退行期』⇒『休止期』

を繰り返しています。

このサイクルのことを、毛周期と呼びます。

医療脱毛で脱毛できるのは成長期の毛だけ

医療レーザー脱毛をはじめ、脱毛エステサロンの光脱毛など、光エネルギーを用いて毛根にダメージを与える脱毛方法では、成長期の毛にのみ効果を示します。
毛周期についての解説画像上記の図で示したように、医療レーザー脱毛では、成長期の毛が最も脱毛に適しています。

医療レーザー脱毛では、強い光エネルギーを毛根に伝え、ダメージを与えることで、脱毛を図ります。

そのため、毛根がすでに小さくなったり、そもそも毛のない退行期、休止期の毛には効果が現れません。

成長期の毛は全身の約10~20%

1回の医療脱毛施術で、脱毛可能な毛は、約10~20%です。

医療レーザー脱毛では、1回でも照射を受けた毛は、二度と生えてきません。(永久脱毛

にも関わらず、5回ほど通う必要があることに、疑問を抱いたことがある方は多いのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛って、1回の照射でエネルギーが毛根まで届いて、毛が生えてこなくなるんですよね?

だったら、5回も通う必要はないんじゃないでしょうか…。

このような質問が、Remvyまで届けられたことがあります。

どうして、医療レーザー脱毛では脱毛完了まで5回ほど回数が必要なのか…その理由は、まさに『毛周期』にあります。

先程お伝えしたように、医療レーザー脱毛で効果が発揮できるのは、成長期の毛だけです。

成長期の毛は、全身の中でも約10%~20%ですから、1回の脱毛施術で脱毛できる毛の割合も、約10~20%になります。

そのため、医療レーザー脱毛では5回ほどかけ、全身の70%~100%の毛を脱毛し、脱毛完了を目指します。

毛周期の目安は約2ヶ月~3ヶ月

ピースサインをしている笑顔の女性

上述のように、医療レーザー脱毛では、1回につき10%~20%の毛(成長期の毛)しか脱毛できません。

そのため、5回ほどの照射が必要ですが、施術後は一定の期間を空ける必要があります。

なぜなら、施術直後はすでに成長期の毛が脱毛されており、全身には退行期か休止期の毛しか存在しないためです。

退行期、休止期の毛には、医療脱毛レーザーは効果がないため、期間を空けずに施術をしても、意味がありません。

ですから、1回目の照射以降は、なるべく多くの毛が成長期を迎えたタイミングで、次の施術を行うことが重要です。

そのタイミングが、休止期の毛の多くが成長期を迎える2ヶ月~3ヶ月後です。

毛周期は、部位によって異なる

休止期の毛の多くが成長期を迎えるのが、2ヶ月~3ヶ月後とされていますが、実は部位によって、毛周期は異なります。

では、なぜ多くの医療脱毛クリニックは、基本的に部位に関わらず、2ヶ月に1回の照射をおすすめするのでしょうか?

その理由を紐解くために、まずは主な部位の毛周期について見ていきましょう。

部位毛周期の目安
ワキ2ヶ月~3ヶ月
2ヶ月
2ヶ月
背中2ヶ月
1ヶ月~2ヶ月
VIO2ヶ月~4ヶ月

このように、どの脱毛部位に関しても、細かい違いはありますが、基本的には2ヶ月前後で休止期の毛が成長期を迎えます。

ですから、全身脱毛をする場合は、基本的に2ヶ月に1回の施術を行えば、間違いがないと言えます。

一方で、顔だけ、VIOだけ、といったように、特定の部位だけを脱毛する場合は、必ず2ヶ月、と決める必要はないでしょう。

例えば、顔脱毛をする場合は、可能であれば最初は1ヶ月後に照射をしてもよいと言えます。

とはいえ、期間を空けずに照射をすることは、肌の負担になります。

非常に稀ではありますが、最悪の場合、肌トラブルが起きる可能性がありますから、施術のペースに関しては、各医療脱毛クリニックの指示に従ってくださいね。

医療レーザー脱毛は、2ヶ月に1回の照射が最適

2ヶ月後を示すカレンダー

多くの医療脱毛クリニックで、次回の施術予約を2ヶ月~3ヶ月後に設定しているのは、上述のように毛周期が理由です。

しかし、2ヶ月以上期間を空ければ、いつでも良い…というわけではありません。

医療レーザー脱毛をするのであれば、2ヶ月に1回の照射が最適です。

施術後、すぐにレーザー照射をしても意味がないのは、すでにお伝えした通りです。

一方で、半年、1年と、長い間を空けてしまうと、せっかく生えてきた毛が成長期を通り過ぎて、休止期に入ってしまいます。

医療レーザー脱毛では、少しでも多くの毛が成長期を迎えているタイミングで、照射をするのが最も効率良いですから、

毛周期:約2ヶ月

のサイクルを守って、脱毛をすることがおすすめですよ!

とはいえ、毛周期には個人差があります。

もし、1回から2回ほど脱毛してみて、毛が生え揃うまでに2ヶ月以上かかっているように感じたら、各医療脱毛クリニックで相談をしてみてください。

そうすることで、あなたの毛周期に合わせ、施術期間を空けるなど、より効率の良い脱毛が可能です!

毛周期に関係なく脱毛ができる医療脱毛クリニックがある?

スマートフォンを見てびっくりしている女性

ここまで、毛周期に合わせた脱毛がとても大事だということを、ご紹介してきました。

ですが、一方で、『毛周期に関係なく脱毛できる医療レーザー脱毛』がある、と言われることがあります。

基本的には、医療レーザー脱毛を始め、エステサロンで行われる光脱毛、また毛穴に針を指し、直接電気を流すことで脱毛をするニードル脱毛でさえ、毛周期に合わせての施術が必要です。

しかし、近年では、確かに『毛周期に関わらない』脱毛方法が開発されようとしています。

それが、SHR式(蓄熱式)脱毛法です。

SHR式(蓄熱式)脱毛とは?

SHR式(蓄熱式)の脱毛方法とは、簡単に言うと、『毛の生えてくる根幹(毛根)』ではなく、『発毛の司令塔(バルジ領域)』を破壊する脱法方法のことです。

一般的に、毛根を破壊する脱毛方法は、ショット式と呼ばれます。

SHR式(蓄熱式)とショット式の脱毛方法を以下の図で比べ、SHR式(蓄熱式)の仕組みをより深く読み解いていきましょう。

SHR式(蓄熱式)
毛の生成を行う元であるバルジ領域に向け、低い出力のレーザーを連続照射。じんわりと熱を広げていくため、痛みが少ない。
主な脱毛機器
  • ソプラノアイスプラチナム
  • メディオスターNeXT
ショット式
毛根に向けて、高い出力のレーザーを単独照射。ほとんどの医療レーザー脱毛機器が、このショット式。
主な脱毛機器
  • ジェントルレーズプロ
  • ライトシェアデュエット

以上のように、SHR式(蓄熱式)とショット式では照射の際にターゲットとする部位が変わる他、痛みの感じやすさが変わっていきます。

上記の図だけだと、以下のように思う方が多いのではないでしょうか?

SHR式(蓄熱式)なら、毛周期関係なく脱毛できるんですよね?

その上痛みも少ないなら、ショット式はいいとこなしなんじゃ…。

このような意見が出てくることは、実際にそう少なくありません。

しかし、一概に『SHR式(蓄熱式)』がいい!とは言えません。

もちろん、SHR式(蓄熱式)は画期的で素晴らしい方法なのですが、ショット式にはショット式の魅力があります。

それぞれ、SHR式(蓄熱式)とショット式での医療レーザー脱毛のメリット・デメリットを紹介していきます。

CHECK!

SHR式(蓄熱式)のメリット・デメリット

●メリット

  • 低い出力で連続照射するため、痛みが少ない
  • 毛根ではなくバルジ領域を狙うため、産毛にも効果あり
  • 毛周期に関係なく脱毛できる可能性がある

●デメリット

  • 実績はショット式の方が上
  • 即効性は低い
CHECK!

ショット式のメリット・デメリット

●メリット

  • 即効性がある
  • 実績が高く、効果が保証されている
  • 毛根を狙うため、より確実性が高い

●デメリット

  • SHR式と比べると痛みが強い可能性あり
  • 毛周期を意識する必要あり

以上のように、SHR式(蓄熱式)にも、ショット式にも、それぞれ良いところがあります。

PICK UP!

さらに詳しく脱毛機器や脱毛方法について知りたい方はこちら!
脱毛クリニックは脱毛機器で選ぶ!効果と特徴を解説

しかし、SHR式(蓄熱式)のメリットに関して、ひっかかりを覚えた方がいるかもしれませんね。

SHR式(蓄熱式)のメリットにある、『毛周期に関係なく脱毛できる可能性がある』という部分です。

できる『可能性がある』って…できない可能性もあるんですか?

それだと、毛周期に関係なくできる脱毛方法として、SHR式(蓄熱式)を紹介すること自体、ちょっと怪しいような…。

SHR式(蓄熱式)脱毛方法は、確かに毛周期に関係なく、脱毛できる可能性のある方法ではあります。

しかし、実は、それはまだ、理論上の話であり、実際にはSHR式(蓄熱式)であっても、毛周期を意識する必要があるのです。

バルジ領域が発見されたのは2000年頃…実績がまだ少ない

実は、SHR式(蓄熱式)でターゲットとするバルジ領域は、2000年頃に発見されたものです。

ですから、SHR式(蓄熱式)脱毛方法も、歴史が浅いです。

バルジ領域は、発毛を支持する司令塔的な部位とされていますから、バルジ領域を破壊できれば、理論上は脱毛が可能です。

もし、さらにバルジ領域に関しての研究が進み、脱毛機器が発達すれば、いずれは毛周期に関係なく、1度の照射で一気に全身のバルジ領域を破壊する…という方法も、夢ではないかもしれません。

しかし、今はまだSHR式(蓄熱式)脱毛方法自体の実績が低く、『絶対にSHR式(蓄熱式)なら毛周期が関係ない』とは言い切れない事実があります。

また、現在の脱毛機器では、バルジ領域をターゲットとしたSHR式(蓄熱式)であっても、生えている毛を通じて熱を伝え、照射をしています。

休止期の毛穴には、一切毛が生えていませんから、やはり毛周期を気にせずに脱毛できる…とは言い難いのが現状でしょう。

ですから、現時点では『毛周期を気にせずにできる脱毛方法』は無い、と言えます。

しかし、バルジ領域の発見は、確実に脱毛業界に大きな進化をもたらしましたし、SHR式(蓄熱式)脱毛方法には痛みが少なく、産毛にも効果があるという大きなメリットがあります。

現時点では毛周期を意識した脱毛が重要ですが、その上であなたの肌質や毛質に合った脱毛方法を選べば、効果的な施術を行うことは十分にできますよ。

【まとめ】毛周期を意識して効果的な脱毛を!

頬に手を当てている女性

今回は、毛周期と呼ばれる毛のサイクルについてご紹介をしました。

なかなか聞き慣れない言葉だったかと思いますが、毛周期は脱毛施術を受ける上で、非常に大事なものです。

毛周期を無視して脱毛してしまうと、脱毛効果を得られないどころか、脱毛完了までの施術回数が増え料金がかさんでしまいます。

また、肌荒れを起こす可能性もあり、いいことはひとつもありません。

一方で、毛周期をしっかりと意識して照射を行えば、より効果的に脱毛可能です。

せっかく医療レーザー脱毛を受け、美しい肌を目指すのですから、ぜひあなたも毛周期を意識して施術を受けてみてくださいね!