レジーナクリニック体験レポ

【レジクリ】2回目の全身脱毛&顔・VIO契約!【体験レポ】

こんにちは!Remvy編集部の鈴木愛です。

前回から引き続きお読みいただいている方は、本当にありがとうございます。

私は今、レジーナクリニックで全身脱毛を契約し、通っています。

今回は、レジーナクリニックでの2回目の全身脱毛について、体験をレポートしていきます!

【1回目の体験後】顔とVIOも追加契約!

それでは、さっそくレジーナクリニックでの2回目の脱毛体験についてレポートしていきます!

…と、言いたいところなのですが、今回実は、1回目の脱毛直後に、私はある決意をしていました。

編集部:鈴木

顔とVIOも、レジーナでやろうかな…!

実は、顔とVIOは他のクリニックでやろうと思っていて、レジーナクリニックでは全身脱毛だけを契約しました。

けれど、

  • 1回目の対応が非常によかったこと
  • 痛みが少なく、これならVIOもいけるかも?と思ったこと

などがきっかけとなり、顔とVIOも、レジーナクリニックで契約をすることにしました!

それに加え、レジーナクリニックの顔脱毛、またVIO脱毛には、以下のような魅力があります。

CHECK!

レジーナクリニックの顔脱毛

  • 眉間や小鼻など、他の医療脱毛クリニックと比べぎりぎりまで照射をしてくれる
  • ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)に美肌効果がある
CHECK!

レジーナクリニックのVIO脱毛

  • いざという時に麻酔が無料で使える!
  • 追加料金なしで全照射ができる=ハイジニーナ含め好きなデザインにできる!

色々と調べ、多くの医療脱毛クリニックを比較するなかで、私は顔・VIO脱毛に関しても、レジーナクリニックが良いと強く感じました。

そこで、1回目の照射後、レジーナクリニックへと電話をかけ、顔・VIOの追加契約をしたい旨を伝えました!

編集部:鈴木

そちらで全身脱毛を契約している鈴木です。

実は、顔とVIOも追加で契約をしたいと思っておりまして…。

ありがとうございます!

次回のご予約は……はい、この日でしたら、当日にカウンセリングと契約を行い、そのまま顔とVIOも含めた施術をしていただくことができますよ。

もちろん、カウンセリング・契約と施術を別日にすることもできますが、いかがなさいますか?

編集部:鈴木

本当ですか!?そしたら、当日契約と施術、一緒にやっていただけると助かります。

かしこまりました。そうしましたら、当日は顔・VIOの自己処理も行ってきてくださいね。

またお待ちしております。

編集部:鈴木

ありがとうございます!

相変わらず、レジーナクリニックの方たちの対応は、とても丁寧でした!

無事、カウンセリングの予約ができたため、次でご紹介していきます。

顔・VIOの追加契約!

当日、まずはカウンセリングからになります。

顔・VIOに関しては、以前のカウンセリングの際に詳しくお話は聞いていましたが、改めて詳しく説明していただきました。

レジーナクリニックで照射できる範囲は、顔、VIOそれぞれ以下です。

レジーナクリニックで顔・VIO含む全身脱毛を契約すれば、照射できない範囲はほとんどありません。

(※照射できないのは、発毛のない部位(足裏など)や首(甲状腺が近いため)のみです)

また、麻酔についてですが、今回、VIOの施術をするにあたっては、使用しないことに決めました!

編集部:鈴木

少し怖くはありますが、麻酔なしで照射した場合、どのくらい痛いのか、体験してレポートしてきます!

もちろん、無理をする必要はありませんが、麻酔は使用せずに済むなら、その方が良いです。

というのも、麻酔は全くのノーリスクというわけではないからです。

(※麻酔によって副作用が起こることは稀です)

ですから、私のように痛みを体験する、という目的以外にも、1回目のVIO施術では、どの程度の痛みなのか様子見をしてから行う、というのも一つの手ですよ。

全身脱毛2回目&顔・VIO1回目!

カウンセリングを終え、契約を終えたら、そのまま施術室へと案内をされました。

前回と同じく、まずは着替えから始まります。

今回は、VIOへの照射があるため、紙のショーツなどは履かず、全て服を脱ぐ形になります。

服を全て脱ぎ終えると、うつ伏せになり、タオルをかけて待機することになりました。

私が施術を受けた時期は、まだまだ寒かったですが、タオルをかけていれば、特に問題はありませんでした。

前回と同じく、背面からスタート

うつ伏せのまま待機していると、看護師の方が入ってきました。

丁寧に挨拶をしていただいた後、すぐ施術に移ります。

打ち漏れ防止のため、マーカーで跡をつけた後、うなじから背中、腕、脚にかけて照射をしていきます。

時折、痛みがないかなど、出力を確認しながらも、シュパ、シュパ、とリズムよくうってくれるため、施術自体がとても早く感じました。

全身脱毛をする場合、どうしても長時間拘束されるため、疲れなどがあるかと思います。

しかし、レジーナクリニックでは、丁寧に施術を行いながらも、どんどんと照射をしてくれるので、とてもストレスが少なく感じました!

また、基本的に、照射している部位以外には、必ずタオルをかけてもらえます。

紙のショーツを履いていないことで、恥ずかしさに関する不安がありましたが、ほとんどの時間、タオルで隠れているため、全く問題ありませんでした。

初のOライン施術へ!

背面の施術が終わると、次は初のOライン施術に入ります。

Oラインは、自己処理を完璧にすることが難しく、基本的に看護師さんにシェービングをお願いする形になります。

レジクリ・看護師さん

すみません、触りますね。

シェービングの際、看護師さんは必ず声をかけながら、丁寧に行ってくれました。

また、普段は電気シェーバーを使いますが、VIOのシェービングの際には、使い捨てのカミソリを使用してくれます。

衛生面にも配慮していて、とても安心しました。

シェービング終了後、照射に移ります。

レジクリ・看護師さん

まず1回、照射してみますので、痛かったらおっしゃってください。

編集部:鈴木

はい!

…あれ、全然大丈夫です。

レジクリ・看護師さん

本当ですか?そうしましたら、脱毛効果を上げるために、さらに出力を上げても良いでしょうか?

編集部:鈴木

お願いします!

出力を上げると、その分痛みは強くなりますが、私は痛みより、しっかりと脱毛効果が出る方が良かったため、より強い出力での照射をお願いしました。

レジクリ・看護師さん

打ちますね。…このくらいだとどうでしょうか?

編集部:鈴木

若干痛いですが…、大丈夫です!このくらいなら耐えられます!

レジクリ・看護師さん

では、この出力で打っていきましょう!

もし耐えられないときは、遠慮なくおっしゃってくださいね。

出力を上げた分、確かに痛みは感じましたが、看護師さんが1ショットずつ丁寧に照射してくれるため、安心して施術を受けることができました。

なるべく痛みを避けたい方でも、麻酔を使えば十分に耐えられる痛みだと感じます!

仰向けになって再スタート…VとIを初体験

Oラインの照射が終わったら、次は仰向けになり、正面の照射に移ります。

まず最初に、今日契約したばかりのVラインとIラインの照射になります。

レジクリ・看護師さん

先に、VとIの照射からいきますね。

Vラインは、今残していただいている形のまま、デザインをして大丈夫ですか?

また、Iラインも自然な形で少し残してくださっているんですが、このまま整えていって大丈夫でしょうか?

編集部:鈴木

はい、大丈夫です!

VIOの照射をする場合、照射前に、主に以下の3つのことについて考える必要があります。

  • デザインはどうするのか。
    (ハイジニーナ(無毛)にするのか、毛を残すのか…)
  • 全照射をするか
    (全体量を減らす場合、1回~3回目まで全範囲に照射が必要)
  • Iラインの毛を残すか
    (ほとんどの場合、全て無くすが、Vラインと自然に繋げる場合もある)

私の場合は、デザインは小さめなオーバルを選びました。

トライアングルと悩みましたが、私自身には、オーバルの方がより自然に馴染んだため、選んでいます。

大きさに関しては、下着や水着から毛がはみ出すのを防ぐためにも、小さめにしています。

また、Iラインは、正面から見た時にIラインが見えないように、Vラインと自然に繋げる形で残しています。

VIOの自己処理については、以下に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にしてください!

剃り残しのシェービングやデザインの確認が終わると、そのまま照射に移ります。

レジクリ・看護師さん

毛質を見る限り、鈴木様はIラインより、Vラインの方がお痛みが強いかもしれません。

先に、Iラインから照射させていただきますね。

こちらも、お痛みが強かったら、すぐにおっしゃってください。

まずは1回、照射をしてみます。

そう言って、Iラインに1ショット打ってくれました。

編集部:鈴木

ちょっと痛いですね…。

でも、さっきのOラインくらいの痛みなので、全然耐えられると思います。

レジクリ・看護師さん

本当ですか?であれば、このくらいの出力で一緒にがんばりましょう!

けれど、本当に痛かったら、いつでもおっしゃってくださいね。

IラインもOラインと同じく、1ショットずつ丁寧に照射をしてくれます。

確かに、腕や脚と言った全身の他の部位と比べると、痛みは強いですが、耐えられないほどではありません。

特に、私は痛くても効果が高い方が嬉しいですから、痛いからと言ってむやみに出力を落とすのではなく、『一緒に頑張りましょう』と言ってくださるのは、とても心強く感じました。

レジクリ・看護師さん

ちなみに、粘膜への照射はどうしますか?

編集部:鈴木

ええと、どちらがおすすめですかね…?

レジクリ・看護師さん

鈴木様が自己処理をする中で気にならないなら、粘膜は皮膚が薄く、比較的リスクが高い場所ではあるので、照射をしないという方法もあります。

けれど、気になるのであれば、粘膜に照射をしないと境目ができてしまいますから、ほとんどの方は粘膜まで照射をされますね。

編集部:鈴木

そうなんですね…。

ちなみに、粘膜って危ないから照射できないって聞いたことがあるんですが、レジーナクリニックでは大丈夫なんですか?

レジクリ・看護師さん

あ、言葉足らずでしたね。失礼しました。

基本的に、多くのクリニックでは、Iラインの内側を粘膜と呼びます。

が、正確には『膣口周辺』の部分を粘膜と呼びます。

この部分は、発毛がありませんし、照射をすることのリスクも高いので、照射はできません。

ですから、正確な意味では、レジーナクリニックでも粘膜照射はNGです。

ですが、その外側…小陰唇の外側の部分は照射をすることが可能です。なので、正確には粘膜ぎりぎりまでの照射、ということになりますね。

わかりにくくて大変恐縮なのですが、他院を含め、この小陰唇の外側から大陰唇の内側までへの照射を、粘膜照射と呼んでいることが多いです。

なので、今回照射させていただく部分も、小陰唇の内側ではなく、外側の部分になります。

この部分は、先ほどもご説明した通り、皮膚が比べて薄いため、若干リスクは上がりますが、発毛のある部位なので、照射をされる方が多いです。

編集部:鈴木

そうなんですね!

広範囲ではないんですが、数本粘膜ぎりぎりに生えていることがあるんです。

やっぱり境目ができるのは嫌なんで、照射してください。

レジクリ・看護師さん

わかりました。もし痛かったら、すぐにやめますから、おっしゃってくださいね。

少々わかりにくいのですが、一般的な呼称と合わせるために、今回は『小陰唇の外側までの照射=粘膜照射』と定義してお話させていただきます。

粘膜ぎりぎりは、医療レーザー脱毛でなければ照射ができない部位です。

とはいえ、看護師さんのおっしゃっていたように、他の部位と比べると、火傷などのリスクが高い部分ですから、医療脱毛クリニックであっても、粘膜照射を行わない場合があります。

その点、レジーナクリニックは十分安全に配慮し、しっかりとリスクについても説明した上で、粘膜照射を行ってくれます。

私は、粘膜照射はぜひ行いたいと考えていましたから、レジーナクリニックを選んでよかったと強く感じました。

というのも、粘膜ぎりぎりに生えた毛は、自己処理をするのがとてもむずかしいと言えます。

粘膜周辺はとてもデリケートな部位だからこそ、医療脱毛クリニックでしか照射ができないのであって、素人が自己処理をするのはとても危険です。

だからこそ、しっかりと粘膜ぎりぎりにまで照射をして、自己処理による肌トラブルを未然に防ぎたいと考えていました。

そうした考えがあり、リスクなどについても納得した上で、私は粘膜照射をお願いしました。

粘膜周辺の痛みは、Iライン、Oラインとほぼ変わりません。

十分に耐えられました!

Iラインの照射が終わると、次はVラインの照射です。

編集部:鈴木

やっぱり痛いですかね…。

レジクリ・看護師さん

そうですね…。

鈴木様の毛質的に、VラインはIラインやOラインと同じ出力で照射してしまうと、お痛みが強く出るかもしれません。

ただ、効果を十分に発揮するために、一度I、Oと同じ出力で照射をしてみても良いですか?

編集部:鈴木

お願いします…!

Vラインに1ショット打ってもらいます。

確かに、他の部位に比べると、強く痛みを感じました。

編集部:鈴木

確かに一番痛いです…!

でも、耐えられないこと無いので、このままお願いします!

レジクリ・看護師さん

わかりました!ゆっくり打っていくので、耐えられなかったら教えてくださいね!

看護師さんは言葉の通り、とてもゆっくり照射をしてくれました。

また、『VラインとIラインの境目』『毛の境目』と言ったように、どこに照射をするのか詳しく言いながら打ってくれたため、終わりが見えて、精神的にとても楽だったのを覚えています。

看護師さんの丁寧な施術のおかげで、どうにかVラインの照射が終わりました!

そのまま、身体の照射に移ります。

前回、より高い効果を見込むために、次回は出力を上げる…と言われていましたが、今回も強い痛みは感じません。

編集部:鈴木

たぶん、前回よりは出力高かったとは思うんですが、Vライン経験後ということもあって、全く痛みを感じませんでした(笑)

先にVとIをやってもらえたおかげで、『峠は超えた…』という気持ちで全身の施術を受けられた、というのもあると思います。

精神的に楽だと、時間も早く感じるし、とにかくストレスがないので、とてもありがたかったです!

後に顔に照射!

最後に、顔の照射に入りました!

顔は、カウンセリングを受けた際に、テスト照射で施術を受けたことがあるため、実質2回目になります。

まずは、剃り残しのシェービングをしながら、毛質や肌質を確認してもらいます。

レジクリ・看護師さん

あご下って気になりますか?

編集部:鈴木

ほとんど生えたことないですね。何でですか?

レジクリ・看護師さん

あご下は照射をすると、太い毛が生えやすい部位なんです。

もちろん、稀なことではありますし、万が一太い毛が生えてきても対処はさせていただきますが、全く毛が生えない、気にならないというならば、最初からリスクを避けて照射をしない方がおすすめです。

編集部:鈴木

なら無しで大丈夫ですよ!

私は、あご下に毛が生えることはないため、あご下の照射無しでお願いしました。

目を保護するためのゴーグルをかけていただき、顔の照射にうつっていきます。

これは、テスト照射を受けた際にも感じたことでしたが、レジーナクリニックではとにかくぎりぎりまで照射をしてくれます。

例えば、小鼻や眉間、また耳の近くまで、できる限り照射をしてくれるため、打ち漏れの心配がなく、とても安心です。

また、唇の近くなど、デリケートな部位に照射をするときは、レーザーを打つたびに『はい』と声をかけながら打ってくれたため、とても安心して施術を受けることができました。

2回目の全身脱毛を受けて…さっそく毛がポロポロ抜けた

無事、2回目の前身脱毛と、1回目の顔・VIOの施術を終えることができました!

照射後、着替えている最中に、太い毛がぽろぽろと抜けて、その効果の高さを感じました。

ちなみに、前回、1回目の照射後から今回に至るまで、自己処理をしたのは、今回の施術前の1回のみです。

わきに関しては、細い毛が2、3本生えるだけでした。

前回に引き続き、今回もぽろぽろと毛が抜けていますし、1、2週間後にどこまで減るのか、とても楽しみです。

また次回、3回目の全身脱毛の際に、効果を一緒にお伝えできればと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!