医療脱毛クリニックの選び方

医療脱毛は痛い!?口コミと対策から見る『痛くない』理由!

『終わりがある脱毛』として、今や大人気の医療レーザー脱毛…興味があるという女性は、とても多いのではないでしょうか?

しかし、次のような不安から、なかなか医療レーザー脱毛に踏み出せない、という方がいるのではないかと思います。

医療脱毛って痛いっていうけど…耐えられるかな。

あんまり痛くて耐えられないなら、効果が薄くても、自己処理やエステ脱毛の方がいいのかな…。

確かに、医療レーザー脱毛は、光脱毛などと比べ、痛みが強いと言われています。

よく、医療レーザー脱毛の痛みが、『ゴムで弾かれたような痛み』と例えられることからも、不安を抱いている方が多いかもしれません。

しかし、実は現在の医療レーザー脱毛は、非常に痛みを感じにくい脱毛方法に進化を遂げています。

今回は、『医療レーザー脱毛の痛み』について焦点を当て、

  • なぜ痛みを感じにくいのか
  • 痛みを抑える工夫はどのようなものなのか
  • 実際に医療レーザー脱毛した人は、本当に痛くなかったのか

をご紹介していきます!

医療レーザー脱毛が痛い理由は、レーザーの出力の違い!

まず最初に、なぜ医療レーザー脱毛が『痛い』とされているのか、その理由をご紹介したいと思います。

医療レーザー脱毛は、光脱毛と比べ、レーザーの出力がとても強く設定されています。
医療レーザー脱毛と光脱毛の効果の違い
以上の図のように、医療レーザー脱毛の場合、レーザーが毛根まで届き、焼き尽くします。

そのため、光脱毛と比べ、医療レーザー脱毛は脱毛効果が高く、永久脱毛が可能です。

しかし、それだけ強い出力で照射をしている分、やはり痛みは強くなります。

なぜ医療レーザー脱毛は痛みを感じにくくなっているの?

医療レーザー脱毛は、単純に光脱毛と比べて出力が高く、その分痛みを感じやすいと言えます。

しかし、各脱毛クリニックや、脱毛機器メーカーが工夫を凝らしたことで、医療レーザー脱毛で感じる痛みは格段に減ってきています。

脱毛クリニックなら麻酔が使える!

麻酔を紹介している白衣を着た女医

まずは、各脱毛クリニックの行う、『痛みを抑える工夫』についてご紹介します。

脱毛クリニックでは、麻酔の使用が可能です。

麻酔の使用は、医師のいるクリニックでしかできず、脱毛エステサロンなどでは使えません。

麻酔の種類は?

麻酔は、主に2種類に分けることができます。

それぞれ、解説していきます。

CHECK!

笑気麻酔

笑気麻酔は、鼻からガスを吸い込むタイプの麻酔です。

吸い込むことで、お酒に酔ったような、頭がぼーっとするような感覚になります。

笑気麻酔は吸ってから1~2分で効果が出るため、即効性があります。

また、局所的に痛みを和らげるのではなく、全身に効果があるため、全身脱毛の際に効果的です。

ただし、お酒に酔ったような状態になるため、笑気麻酔を使用した当日は車の運転などを避ける必要が出てきます。

当日に車で出かける予定や、麻酔使用後に何かしら用事がある場合、笑気麻酔は避けるべきです、

CHECK!

麻酔クリーム

麻酔クリームは、照射箇所に直接クリームを塗り、その部位の感覚を麻痺させる麻酔です。

塗ってから大体30分くらいで効果が出るため、麻酔クリームを使用する場合、早めに来院してクリームを塗布する必要があります。

また、麻酔クリームはワキやVIOなど、特に痛みの強い部分にのみ、局所的に使用します。

全身にクリームを塗るのは、現実的ではないため、全身に麻酔の効果を及ぼしたい場合は、笑気麻酔がおすすめです。

一方、麻酔クリームであれば、あくまで局所的な効果にすぎないため、車の運転や、麻酔使用後のお出かけに影響を及ぼしません。

また、全身に麻酔の効果が広がることに、抵抗のある方がいることでしょう。

そうした方たちにとっても、あくまで必要な部位にだけ使用できる麻酔クリームがおすすめです。

笑気麻酔と麻酔クリームは、各脱毛クリニックによってどちらが用意されているか異なります。

両方用意している場合があれば、どちらか一方のみを使用している場合もあります。

また、料金に関しても、各クリニックによって異なりますから、ぜひあなたの希望に合わせて確認してみてください。

麻酔は本当に効くの?

脱毛クリニックであれば、脱毛施術の際に、上記のような麻酔を使用できます。

しかし、使用できると言っても、実際に効果があるのかどうか、気になるところかと思います。

そこで、今回は実際に麻酔を使用した方々にインタビューをし、その際の感想を集めました。

ぼーっとしているうちに施術が終わっていました!
Kさん(29歳/女性)
使用した麻酔:笑気麻酔

全身脱毛で、笑気麻酔を使用しました。

1回目の脱毛が、思っていたよりも痛くて…特に痛いのが、ワキと足の甲でした。

麻酔クリームでもいいかなと思ったんですが、他の部位も耐えられないほどではありませんが、痛かったし、笑気麻酔の方がいいかなと思って使わせてもらったんです。

結果、全く痛くないってわけではないんですけど、ぼーっとしているうちに終わっちゃって、痛みがほとんど気になりませんでした。

笑気麻酔って、痛みそのものがなくなるというより、痛みに対して鈍感になるっていうのかな?

だから精神的にも楽だし、これからもぜひ笑気麻酔を使いたいなと思っています!

かなり痛みは感じにくくなった!
Yさん(24歳/女性)
使用した麻酔:麻酔クリーム

VIOの脱毛をしています!最初は、麻酔なしで施術を受けてみました。

痛いって有名なVIOの脱毛だけど、本当にそんなに痛いのかな?って思って。

実際受けてみると、言われているほど痛くはなかったけど…麻酔を使えるなら、使ったほうがいいなというのが正直な感想でした…。

私が施術を受けていたのは、VIOだけだったので、笑気麻酔ではなく麻酔クリームを使用することにしました。

使ってみると、痛みがびっくりするほど軽減されています!

何だか、ちくっとするような感覚はありますが…ほとんど無痛と言っていいレベルだと思います!

次に3回目のVIO脱毛をしますが、次も麻酔クリームを使用予定です。

4回目からは、毛が薄くなるし、その分痛みも少なくなるはずなので、その時の調子に合わせて、麻酔を使う使わないを決めようと思っています。

今回は、いただいた口コミを一部を抜粋させていただきましたが、麻酔を使用した方の多くは、『痛みを感じにくくなった』とのことでした。

ただし、麻酔を使用する上で、いくつか注意点があります。

  • 麻酔=完全に痛みがなくなるもの、ではない
  • 麻酔には非常に稀だが副作用が起こる可能性がある
  • 麻酔の効き目には個人差がある

ということです。

あくまで、麻酔は痛みを感じにくくさせるもの、です。

また、効き目にも個人差があります。

さらに言えば、非常に稀ではありますが、麻酔には副作用があります。

医療レーザー脱毛の場合、麻酔が使用することで、かなり痛みを抑えることができますが、だからといって麻酔さえ使えば良いということではありません。

その点に注意をし、必要な時に麻酔を使用することで、より快適に脱毛施術を受けることができますよ。

脱毛機器そのものが進化=痛みを感じにくくなっている!

いかがでしょうか。ここまで、麻酔の使用による痛みの低減についてご紹介してきました。

次に、医療レーザー脱毛機器そのものの『痛みを抑える工夫』についてご説明していきます。

そのために、2つの脱毛機器と、実際に脱毛施術を受けた方のご意見を紹介していきますね。

ジェントルレーズプロ…照射と同時に冷却ガス噴射

アレキサンドライトレーザー搭載のジェントルレーズプロは、照射と同時に冷却ガスが噴射する仕組みを持っています。

それにより、冷却ジェルなどを塗布することなく、痛みを抑えることができます。

痛みはなし!冷たいかな?という程度でした。
Rさん(27歳/女性)

以前まで光脱毛をやっていましたが、あまり効果がなく、医療レーザー脱毛に乗り換えました。

ジェントルレーズプロで施術を受けています。

医療レーザー脱毛って、痛いってイメージが強かったので不安でしたが、痛いというよりは冷たいな?と感じる程度です。

レーザーだけを当てたらやっぱり痛いんでしょうけど、肌が冷たくなることで、痛みはとても感じにくいです。

それでも痛い場合は、麻酔を使えばいいし、光脱毛と比べてもそんなに痛くないかな?と感じました。

今は脱毛機器も進化してるんですね。

ソプラノアイスプラチナム…痛くない脱毛機器!?

続いて、ソプラノアイスプラチナムです。

ソプラノアイスプラチナムは、ダイオードレーザー搭載の脱毛機器です。

蓄熱式という照射方法をとっており、非常に痛みを感じにくいことが特徴です。

ダイオードレーザー搭載機器には、蓄熱式の他、ショット式があり、その中でも特に蓄熱式は痛みを感じにくいとされています。

今回、蓄熱式とショット式を比較し、どうして蓄熱式ダイオードレーザーが痛くないのか、ご紹介します。

蓄熱式
毛の生成を行う元であるバルジ領域に向け、低い出力のレーザーを連続照射。じんわりと熱を広げていくため、痛みが少ない。
主な脱毛機器
  • ソプラノアイスプラチナム
  • メディオスターNeXT
ショット式
毛根に向けて、高い出力のレーザーを単独照射。アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーも同じ方式で脱毛をする。
主な脱毛機器
  • ライトシェアデュエット

先程、医療レーザー脱毛が比較的痛みを感じやすい理由として、出力の高さを挙げました。

しかし、ソプラノアイスプラチナムを代表とした蓄熱式ダイオードレーザー搭載機器であれば、低い出力で連続照射をします。

また、蓄熱式ダイオードレーザーは、毛根ではなく、より肌表面に近いバルジ領域に向けてレーザーを照射しています。

その分、さらに低い出力での照射で、十分な効果が見込めます。

そのため、ソプラノアイスプラチナムは、『痛くない脱毛機器』と呼ばれるほど、痛みを感じにくい構造になっています。

痛くないなんて嘘…じゃなかった!
Kさん(23歳/女性)

医療脱毛で、全身を脱毛しています!

元々、医療脱毛には興味があったんですけど、私…本当に痛いのが苦手なんです。

だから、どうしても、少しでも痛くない方法で、医療脱毛したいなと思っていました。

その時、紹介されたのがソプラノアイスプラチナムです!

『痛くない』なんて、どうせ誇大広告でしょ?と、正直、そのときは思っていました。

でも、実際に施術を受けてみると…本当に痛くない

何かぴりぴりする気がしないでもないんですけど、少なくとも痛い、という言葉からは程遠かったです!

最初は、麻酔も使おうかと思っていましたが、ソプラノアイスプラチナムなら麻酔をするまでもないです。

今は医療脱毛も痛くないって、本当だったんですね。

もう医療レーザー脱毛は痛くない!?

いかがでしょうか?痛みの感じ方には個人差がありますが、今回Remvyで調査したところ、

思った以上に、今の医療脱毛は痛くない

いざって時に麻酔が使える分、医療レーザー脱毛の方が、結果的には他の脱毛方法より『痛くない』のかも!

という、医療レーザー脱毛に対して、非常に好意的な意見を多くいただくことができました!

編集部:鈴木

筆者も、実は個人的に医療レーザー脱毛クリニックに通っていますが、痛みが苦痛になったことはほとんどありません

私が通っているレジーナクリニックは、

  • 麻酔が無料で使用可能!
  • ジェントルレーズプロ & ソプラノアイスプラチナム 導入!

と、これまでご紹介してきた、『痛み対策』の工夫を全て網羅しているクリニックです!

そもそも、照射中に耐えられない痛みを感じることはほとんどありません。

その上、強い痛みを感じても、無料で麻酔が使えますから、お財布に優しいですよね。

追加料金がかからないというのは、精神的にも負担が少なくて、安心できます。

もし、あなたが痛みを危惧して、脱毛クリニックに通うことを迷っているのであれば、ぜひまずは無料カウンセリングとテスト照射を行ってみてください!

各クリニックでは、無料カウンセリングで、導入している脱毛機器についてや、麻酔の種類・価格について丁寧に教えてくれます。

また、テスト照射を行ってくれるクリニックが多いですから、ぜひあなた自身の肌で、効果や痛みを試してみてください!

医療レーザー脱毛を行えば、

  • 毎日の自己処理から解放される!
  • 自己処理による肌トラブルを未然に防げる!
  • 毛がなくなる=毛穴が引き締まり、より美肌に!

など、いいことづくめです!

ほぼ唯一のデメリットと言って過言でない痛みに関しては、近年脱毛機器の進化や各クリニックの工夫により、ほとんど感じないレベルにまで来ています。

ぜひ、様々なクリニックの無料カウンセリングに行き、あなたにぴったりの脱毛クリニックを見つけて、つるすべ美肌を目指してください!