医療脱毛と光脱毛の違いとは?

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いって何?仕組みを徹底解説!

脱毛デビューをしたい!自己処理から解放されたい!

そう考えたときに、出てくる選択肢として、「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」があります。

簡単に言えば、

  • 医療レーザー脱毛:クリニックでしか行えない医療行為としての脱毛
  • 光脱毛:エステサロンで行う事のできる脱毛

なのですが、ではどうして、医療レーザー脱毛は医療行為で光脱毛はそうではないのでしょうか?

そもそも、医療レーザー脱毛と光脱毛は何が違うのでしょうか?

今回は、脱毛の仕組みという点から医療レーザー脱毛と光脱毛の差を紹介していきます。

医療レーザー脱毛と光脱毛は“光”の脱毛効果が違う

医療レーザー脱毛と光脱毛は、どちらも脱毛効果のある光を照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛をしていく方法です。

ですが敢えて「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」と分けられているのは、その光の「効果の高さ」に違いがあるからです。

医療レーザー脱毛と光脱毛の効果の違い

このように、医療レーザー脱毛は、光脱毛で使用される光と比べ、格段に効果の高いレーザー光を照射しています。

そのため、医療レーザー脱毛の方が脱毛効果が高く永久脱毛が可能です。

この、照射される光の効果の高さの差が、医療レーザー脱毛と光脱毛の根本的な違いと言えます。

CHECK!

永久脱毛とは?

永久脱毛は、アメリカのFDA(日本における厚生労働省に相当)の定義によると、

  • FDAの「永久脱毛」の定義:脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている

とされています。

脱毛3回でこれほどの効果を発揮できるのは、やはり効果の強いレーザー光です。

従って、永久脱毛ができるのはクリニックによる医療レーザー脱毛だけだと言えます。

つまり、脱毛エステサロンにおける光脱毛では、永久脱毛をすることはできません。

では、なぜ脱毛エステサロンでは、永久脱毛のできない光を使って脱毛を行っているのでしょうか?

医療レーザーを使用できるのは、医療クリニックだけ!

医療レーザー脱毛は、脱毛クリニックでしか施術ができません。

そのため、脱毛エステサロンでは、有資格者でなくても扱える、比較的効果の緩やかな光脱毛を使用しています。

脱毛クリニックでしか、医療レーザーを使用できない理由は、以下の厚生労働省の発表があったからです。

CHECK!

○医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

(引用:『○医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて』厚生労働省より)

つまり、「永久脱毛が可能なほど強いレーザー光を使用した脱毛は、医療クリニック以外では行ってはいけない」という通達です。

ですから、医療レーザー脱毛は、医療クリニックでしか行うことができませんし、施術者も医師か看護師などの有資格者でなければ行えません。

そのため、医師や看護師のいない脱毛エステサロンでは、効果の高い医療レーザー脱毛を提供することができないのです。

結果として、脱毛エステサロンでは医療レーザー脱毛と比べ、効果の低い光脱毛機器を使用しています。

もちろん、光脱毛機器でも脱毛効果はしっかり現れますが、脱毛クリニックの医療レーザーと比べると、効果の実感、脱毛完了までの時間が長くかかってしまいます。

時間がかかってしまう分、脱毛エステサロンでは価格を下げるキャンペーンを打ち出すなどの工夫を行い、脱毛を気軽に行えるイメージ付をして、集客を図っています。

しかし、やはり効果の高さから医療レーザー脱毛は人気が高く、また脱毛クリニック業界が盛り上がるにつれ、

  • 医療レーザー脱毛の低価格化
  • 脱毛クリニックによる多くのキャンペーン(サロンからの乗り換え割など)
  • 医療レーザー脱毛なのに、痛みがほぼない脱毛機器の登場

などにより、医療レーザー脱毛は光脱毛と同じくらい、安く気軽に受けることのできるものになっています。

であれば、やはり効果の高い医療レーザー脱毛がおすすめだと言えます。

医療レーザー脱毛と光脱毛の根本的な違いがわかったところで、次では、それぞれの脱毛方法の痛みや料金、効果が出る回数などを比べていきます。

医療レーザー脱毛と光脱毛の痛み、料金、効果の差は?

まずは、以下に医療レーザー脱毛と光脱毛の差を図にして並べたので、確認してみてください。

医療レーザー脱毛 光脱毛
施術回数 約5回~8回

短い期間で脱毛できる!

約18回~20回以上

⇒完全に脱毛するには時間が必要

照射パワー 強い

⇒痛みが強いが一回の施術で効果大

弱い

⇒痛みは少ないが、効果は感じにくい

施術者 有資格者が施術

⇒医療行為のため有資格者が担当

無資格でも施術できる

⇒無資格のエステティシャンによる施術

肌トラブル 医師が担当

⇒同じクリニックですぐに診察してもらえる!

カウンセラーによる相談

⇒相談はできるが診察はできない

永久脱毛の可否

完全な脱毛が目指せる!

不可

⇒完全に脱毛することはできない

料金 約20万~40万

(全身脱毛5回)

約30万円

(全身脱毛18回)

別記事「医療レーザー脱毛とサロン脱毛の違いとは?」でも詳しく説明をしていますが、以上の図を確認すると、医療レーザー脱毛が非常に効果的な脱毛方法であることがお伝えできるかと思います。

では、続いては以下の三項目、

  • 痛み
  • 料金
  • アフターケア(肌トラブルの際の対応など)

について比較してみていきましょう。

【痛み】医療レーザー脱毛の方が痛い…が、痛みを抑える工夫あり!

医療レーザー脱毛のデメリット、そして光脱毛のメリットとしてよく挙げられるのが、脱毛の際の「痛み」です。

医療レーザー脱毛は痛いの?

医療レーザー脱毛は、すでにお話した通り、光脱毛と比べ強いレーザー光を使用しています。

そのため、どうしても光脱毛と比べると痛みが強く出やすいのがデメリットです。

反対に、効果の弱い光脱毛にとって、痛みが少ないことはメリットの一つです。

2つの脱毛方法における痛みは、個人差はありますが、よく以下のように例えられます。

  • 医療レーザー脱毛:ゴムで弾かれたような痛み
  • 光脱毛:ほぼ無痛

このように見れば、やはり痛みの部分では、光脱毛が上をいっているように感じます。

しかし、脱毛クリニックではこの痛みというデメリットを覆すべく、多くの工夫をしています。

  1. 「痛くない」脱毛機器の登場…効果をそのままに、痛みを感じにくい機器の使用
  2. 素早いクーリング…照射と同時に冷やすことで、痛みを感じにくくする工夫
  3. 笑気麻酔、麻酔クリームの使用…医療従事者だからこそ提示できる痛み低減方法

これらの工夫によって、

医療レーザー脱毛を受けたけど、全く痛くなかった…!

という方がいるほどです。

それだけ、医療レーザー脱毛における痛みは軽減されているので、痛みに弱い方も安心して施術を受けやすくなっています。

それでも痛みが心配だ、という方は、カウンセリングの際にテスト照射を行ってくれる脱毛クリニックを選んでみてください。

PICK UP!

●テスト照射を行ってくれるクリニック

レジーナクリニック…テスト照射代が、なんと無料!カウンセリング時に痛みが確認できる!

リゼクリニック…医師の判断による場合は無料。それ以外は、1,080円~からテスト照射可能!

【料金】コスパで見たら、医療レーザー脱毛が断然お得!

続いて、脱毛の料金ですが、医療レーザー脱毛は、一般的に光脱毛と比べて高いと言われます。

確かに一回あたりの照射に対しての料金は、光脱毛の方が安いのですが、実はコストパフォーマンスの面では医療レーザー脱毛の方が優れています。

以下で確認してみましょう。

医療レーザー脱毛と光脱毛の料金を比較!

個人差や、部位における差はありますが、一般的に、

  • 医療レーザー脱毛:5回
  • 光脱毛:18回

で、ほぼ脱毛が完了すると言われています。

それぞれ、この回数分、脱毛を行った時の料金を比較してみましょう。

医療レーザー脱毛 光脱毛
脱毛5回の効果 ほとんど無毛に! まだまだ効果は感じにくい
脱毛に必要な回数 約5回~8回 約18回~20回以上
脱毛完了に必要な料金 約20万~40万(全身脱毛5回 約30万円以上(全身脱毛18回

このように、脱毛完了するまで施術を行えば、ほとんど料金は変わらなくなることがわかります。

また、光脱毛は永久脱毛ではないため、18回照射をしても満足がいかず、人によっては30回ほど施術を行う場合があります。

その場合は、結果として光脱毛の方が料金が高くなってしまうことがあります。

一方、医療脱毛は永久脱毛なので、照射ができた毛は生えてくることがありません。

こうして比較するとわかる通り、医療レーザー脱毛は、少ない回数で高い効果を期待できるコストパフォーマンスの高い脱毛方法だといえます。

レジーナクリニックと光脱毛の料金を比較!

低価格化が進む医療レーザー脱毛業界のなかでも、特別安いと評判のレジーナクリニックと某光脱毛サロンを比べてみましょう。

●全身脱毛が脱毛完了するまでの料金

  • レジーナクリニック:¥198,000(全身脱毛5回)
  • 某脱毛エステサロン:¥290,700(全身脱毛18回)

このように、比較的安いとされる光脱毛サロンと比べても、レジーナクリニックは安く、効果が高く、また早く脱毛完了することができます!

【敏感肌さん必見】万全のアフターケアなら医療脱毛クリニック!

最後に、アフターケアについてです。

医療レーザー脱毛、光脱毛ともに、毛根にダメージを与える光を肌に照射している以上、肌へのダメージやリスクが全くのゼロというわけではありません。

ですから、安全管理は脱毛クリニック、脱毛エステサロンともに徹底していますし、そうでなくてはいけません。

しかし、だからこそ、脱毛クリニック、脱毛エステサロンの両方が徹底した安全管理が行っているなかでも、より一層の注意が必要となる敏感肌の方は、「万が一に備えた対応力」を持っている脱毛クリニックを選ぶことをおすすめします。

肌トラブルへの対処は医療行為

例えば、仮にあなたが脱毛中に火傷をしてしまったと仮定します。

光脱毛、医療レーザー脱毛ともに、毛根に熱を与えるので、火傷のリスクは限りなく低くても、ゼロではないので、考えうる話です。

CHECK!

光脱毛(脱毛エステサロン)の場合

脱毛エステサロンでの脱毛で火傷をしてしまった場合、その場で治療をすることはできません

治療、という行為はあくまで医療行為なので、医師免許が必要です。

もちろん、冷やすなどの応急処置など、できることはやってくれますが、すぐに治療を行えないことはデメリットの一つです。

CHECK!

医療レーザー脱毛(クリニック)の場合

施術者は看護師など、医療知識のある有資格者ですし、クリニックには医師が常駐しているので、すぐに治療をすることができます

もちろん、必要に応じて薬の処方など、即座に行うことができます。

また、脱毛クリニックでは、脱毛による火傷などの肌トラブルについても詳しいため、より正確な治療を行うことができるので、安心できます。

このような、脱毛による肌トラブルへの深い知見と、万が一の時に即座に治療行為が行える安全性の高さが、医療脱毛クリニックでの脱毛のメリットです。

このように、脱毛クリニックであれば、すぐに肌トラブルに対処・治療をすることができます。

また、照射後、肌に違和感があった場合など、クリニックで脱毛を行っていれば、すぐにその場で看護師に相談ができます。

こうした安全性の高さから、医療レーザー脱毛を選択する人が増えています。

【まとめ】おすすめは医療レーザー脱毛!

ここまで、医療レーザー脱毛と光脱毛の違いについて、お話してきました。

どちらにもそれぞれ、メリット・デメリットがありますが、

  • 【効果】効果の高さ…永久脱毛が行える
  • 【回数】脱毛完了までの施術回数の少なさ
  • 【料金】コストパフォーマンスの高さ
  • 【安全性】万が一の肌トラブルへの早急な対処

などから、おすすめなのはやはり、医療レーザー脱毛だと言えます。

おすすめのクリニックに関しては、以下にまとめてありますので、参考にしてみてください。